お台場の歯科・歯医者 / お台場海浜公園駅,東京テレポート駅,インプラント,入れ歯

一般・小児歯科General

一般歯科

一般歯科治療では、おもに、虫歯の治療、歯周病の治療を行います。

一般歯科治療に際しては、可能な限り歯を抜かずに済むような治療を行っております。

「歯科治療は痛いからどうしても苦手」という方も安心して治療を受けることができるように、できるだけ痛みの少ない麻酔機器やレーザー機器を導入し治療しております。

 

虫歯の治療

一度虫歯になってしまった歯は、放っておいても治りません。また、詰め物の中で虫歯が知らず知らずのうちに進行している場合もあります。

できるだけ早い段階で虫歯の治療をすれば、歯そのものを失わないことに繋がります。
少しでも違和感を感じたら、歯科医の診療を受けることをお勧めいたします。

 

当院で行っている特殊な虫歯治療
ドックスベストセメント(Doc's Best Cement)

虫歯になってしまった箇所をドックスベストセメントという治療剤の中に含まれるミネラル(鉱物)の力で殺菌するのがドックスベスト治療です。ドックスベストセメントには、鉄や銅などのミネラルと人間が本来持つ抵抗力が合わさって虫歯菌を退治します。

ドックスベストセメントを患部につめ、蓋をして、しばらくすると虫歯菌の数が減少します。そのため、蓋をするための最低限の量しか歯を削らなくてすむため、通常のむし歯治療に比べ歯を削る量が極端に少なくてすむのが特徴です。

また、通常の虫歯治療では、神経にまで達してしまった虫歯は神経を取る必要がありますが、ドックスベストセメントを用いた治療では、神経を抜かないで済むケースが多いのも特徴の一つです。

(保険適用外)

 

3Mix法

通常、虫歯の治療は、虫歯菌が感染してしまった部位を物理的に取り除いた後、つめもの・かぶせものを付けて完成となります。

一方、3Mix法は、物理的に感染部位を取り除くのではなく、殺菌薬により化学的に虫歯菌を殺菌する治療方法です。殺菌薬として三種の抗生物質(メトロニダゾール(アスゾール)、ミノサイクリン(ミノマイシン)、シプロフロキサシン(シプロキサン))の混合剤を用いるので、3Mix法と呼ばれます。

虫歯になってしまった箇所に直接、抗生物質を塗布し、ふたをしてしばらく時間をおきます。うまくいけば、通常の虫歯治療と異なり、周囲を削ることなく殺菌を行えるので、歯を削る量をできるだけ少なくすることができます。また、場合によっては、歯の神経に達した菌を殺菌できるケースもあります。

(保険適用外)

 

根管治療(歯髄の虫歯)

歯の内部に侵入した菌をきれいに除菌する治療を、根管治療と呼びます

歯は食物を咀嚼して粉々にするための器官です。そのため歯は硬度が非常に高く丈夫な構造をしています。
歯の外側はエナメル質と呼ばれ、人体で最も固い組織です。
その内側が歯の体積の多くを占める象牙質で、エナメル質に比べ柔らかい組織で、その中には歯髄と呼ばれる神経が存在しています。
エナメル質にできた虫歯の進行は比較的ゆっくり進みます。治療は、虫歯を取り除き、空いた穴を塞いで完了となります。
一方、象牙質にまで達した虫歯はその進行速度が速いのが特徴です。
象牙質の虫歯がさらに進行し歯髄にまで達っした場合、虫歯菌が感染した歯髄を取り除き、歯の内部に侵入した細菌をきれいに除菌しなくてはならなくなります。
これを根管治療と呼びます。

根管治療を始める前に、まず虫歯が出来てしまった部位を削ります。

菌が感染してしまった歯髄を除去します。これを抜髄と言います。
歯の内部の感染部位を少しずつ丹念に削り病巣を物理的に除去していきます。

歯根の奥に薬剤をつめます。この状態で少し時間をおいても膿が発生しなければ、歯の根の清掃が完了です。

歯の内部の清掃が完了したら、歯の強度を増すために土台(図の灰色の部分)をつけます。
土台の上に天然歯と似た形をした歯のかぶせものをして治療完了となります。


エナメル質にできた虫歯の治療に比べ、根管治療はともて難しい治療となります。
歯の内部の清掃が完了するまで患者さんは何度も歯科医院に通わなくてはならないケースが多く、頑張って治療に来ていただいても完全に菌を取り去ることができるかどうかは不確定です。

根管治療は、患者さんにとっても歯科医師にとっても、とても根気のいる治療です。
もしも虫歯ができた際は、できるだけ虫歯が歯髄にまで達する前に、歯科医院へ来院するようにしてください。

 

歯周病の治療

歯周病は、歯茎の腫れ(歯肉炎)から始まり、進行すると歯の周りの骨が溶け出してしまう(歯周炎)病気です。

歯周病が原因で、健康な歯が抜けおちてしまうこともあります。

歯周病に関して詳しくは、下記のページをご覧ください。

 

治療機器

当医院では、痛みや不快感のない治療を目指して最先端の器機や技術を導入しております。

 

レーザー治療

「Nd:YAGレーザー装置」を用いたレーザー治療を行っております。

このレーザー治療器は副作用もないので、妊娠中の方、高血圧の方、薬を服用中の方にも安心して治療を受けていただける機械です。

レーザーと聞くと、少し怖いイメージを連想される方もいらっしゃると思いますが、レーザーという呼び方は、人工的に作り出される光の総称です。人工的に作る光の中には、紫外線、可視光線、赤外線などの種類があり、一般的に人体に影響があると問題視されているのは紫外線領域の光です。
歯科で使用するレーザーは、赤外線領域(一部可視光線を含む)のもので、外科などで受診された経験のある方も多いと思いますが、赤外線療法などと同じ種類の安全な光です。より安全に使用するために、歯科専用に研究開発された機械です。ご安心して受診なさってください。

(一部治療内容により自己負担金をいただく場合がございます。ご了承ください。)

 

レーザー治療をすることにより以下のような効果が期待できます。

期待できる効果
  • 消炎効果
  • 鎮痛・除痛効果
  • 殺菌・消毒効果(治療のしにくい患部も治療できます)
  • 組織の蒸散(患部を飛ばしてしまいます)
  • 組織の活性化作用(歯肉を健康な状態に戻します)
  • レーザー麻酔作用
  • 止血効果
  • 組織の蒸散

 

これらの効果・作用により以下の治療にレーザーを使用しています。

治療内容
  • 虫歯の治療・予防(歯の表面を強化します)
  • 口内炎・義歯の接触痛(痛みが和らぎます)
  • 根管治療(歯の根っこ・神経の治療)
    様々な原因により歯の神経を取り除いてしまった後の空洞部分のより確実な殺菌・消毒を行います。
  • 歯ぐきの黒ずみ(メラニンという色素を飛ばします)
  • 止血(歯を抜いたあとなどの血を止めます)
  • 知覚過敏(冷たい物がしみる方)
  • レーザー麻酔
  • 歯周病(歯槽膿漏)の治療
    腫れた歯茎の中の消毒、殺菌を行います。腫れや赤みの改善を早め、治療(治癒)期間を短縮することができます。
  • 顎関節症  他

 

歯ぐきの黒ずみ治療例

歯周病(歯槽膿漏)治療例

 

治療の事で分からない事などございましたら、お気軽に院長・スタッフまでお尋ねください。

 

痛みの少ない電動麻酔注射器

より痛みの少ない治療のために、当院では電動麻酔注射器を使用しております。

小児歯科

子どもの予防歯科

乳歯はどうせ抜けるから虫歯になっても大丈夫、ということはありません。

子供の歯が、大人になってからの歯並び、発音、顎の発達に大きく影響することがわかっています。

お子様の歯を守るためには、小さい頃から予防をしてあげることが大切です。食事や歯みがきなどの日常のケアに加えて、歯科医院でできる特別なケアがあります。フッ素塗布をすることにより、お子さんの虫歯を予防することができます。

また、お子様だけでなくご家族で一緒に定期的歯科検診を受けることもお勧めいたします。

 

フッ素塗布(保険外)

対象:乳歯列完成時期

効果を持続させるために、3ヶ月~6ヶ月ごとの検診・塗布をお勧めしています。

 

シーラント処置(保険)

対象:6才臼歯が生えてきた頃~自分でしっかり磨けるようになるまで

6才臼歯とは、5才以降、一番奥に顔を見せる初めての永久歯のことです。
子供の6歳臼歯の歯の溝はとても深く、歯ブラシが届きにくいため汚れが溜まり、虫歯になることが多い歯の一つです。
そこで、この溝をフッ素を配合した樹脂で埋めることで浅くし、虫歯になりにくくする処置、これが「シーラント」です。

 

カリソルブ(現在は行っておりません)

カリソルブとは、スウェーデンで開発・販売されている薬剤です。従来のドリルによる切削にかわる歯除去法として、虫歯の部分のみを溶かすという画期的な治療ができます。
ドリルに比べ多少時間がかかりますが、振動や音がほとんどなく、健康な部分を削ることがないので痛みはかなり少なくなります。
また、レーザーを併用することでさらに痛みを軽減し、治療時間を短縮できることから、当院では特にお子様や恐怖心の強い方の虫歯治療におすすめしています。

 

治療法

虫歯の部分にカリソルブを塗布し、少し時間をおいてから専用の器具を用いて溶けたむし歯の部分をかき出します。完全にむし歯の部分が除去できたら、合成樹脂を詰めて終了です。