お台場の歯科・歯医者 / お台場海浜公園駅,東京テレポート駅,インプラント,入れ歯

口腔外科Oral Surgery

抜歯

当院は、患者様ご自身の歯をできるだけ抜かないで済むような、できるだけ歯を残すような治療を行っております。しかし、ケースによっては残念ながら抜歯をしなければならないことがあります。

虫歯が進行しすぎて歯根への菌の感染が治らない場合や、重度の歯周病により歯がグラグラしてしまった場合などがそれに当たります。
親知らずは、生え方によっては抜歯が必要となるケースが多く見られます。
また、歯根破折(歯の根っこが割れてしまう症状)の場合はほぼ確実に抜歯を伴います。
抜歯をする場合、どの位置の歯がどのような埋まり方をしているかにより、治療の難緯度が変わってきます。

 

埋伏歯の抜歯(難抜歯の治療)

歯が横方向に倒れた形で顎骨の中にしっかりと埋まってしまった場合(埋伏歯)は、歯茎を切開して歯を取り出します。場合によっては顎骨を切削することもあります。このような抜歯は、通常の抜歯と比べはるかに治療に高い技術が要求されます。

失った歯の治療

ブリッジ

失った歯の両側を削り、それらの上に歯の形をした人工物で橋渡しをします。保険が適用されますが、インプラントとは異なり、健康な両側の歯を削らなければならないというデメリットもあります。保険外治療にはなりますが、より自然の歯の色に近い審美的なブリッジを作成することもできますので、ご興味のある患者様は、ご相談ください。

 

インプラント

歯を失ってしまった場所に、人口の歯根を埋入します。これがインプラントと呼ばれます。
埋入したインプラントにアバットメントと呼ばれる土台を付け、さらにその上に、審美的に優れた材料の白い義歯をつけて完成となります。
ブリッジと違い、両脇の歯を削らないで済むうえ、自然な噛み心地で食事ができるのが特長です。

インプラントについて詳しくは、下記よりインプラントページをご覧ください。

口の中のできもの・口内炎

お口の中のできものや口内炎などの治療も行っております。

口内炎になる原因は、栄養状態、ストレス、物理的要因、病原菌による感染などいくつかございますので、歯科医による診断がとても重要です。
「口内炎ができたけれど誰に相談して良いかわからない」という方は、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

口内炎はお薬(塗り薬、飲み薬)を用いる治療の他、レーザー治療器による治療も行っております。

レーザー治療は従来の治療に比べ、患者さんへの苦痛をできるだけ減らしながら治療を行うことができるうえ、非常に治療効果の高い最先端の治療法です。

 

口腔がんについて

お口の中のできものが、口腔がんである可能性もあります。

口腔がんは、がんが発症する部位によって、舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がんなどに分けられます。

ご自分で「なにか違和感があるな?」という時は早めに歯科医院で診察を受けるようにしましょう。また、特に患者さん自身が違和感を感じなくとも、がんが進行している可能性もあります。虫歯・歯周病の定期検診と同様、口腔内のできもの定期的に歯科医院でチェックをすることが重要です。

当院では、通常の口腔がんの診察のほか、港区の「口腔がん検診」も行っております。