お台場の歯科・歯医者 / お台場海浜公園駅,東京テレポート駅,インプラント,入れ歯

矯正歯科Orthodontic dentistry

歯列矯正

患者さんのニーズにお応えし、東京医科歯科大学の矯正専門医による矯正治療を行っております。

歯をきれいな並びに矯正する治療にはいくつかの方法があります。一般的なものは、歯の表面にワイヤーを固定し金属がもとに戻ろうとする力を利用して歯並びを治す方法です。
「矯正装置がほかの人に見られるのが嫌だ」という方には、目立たない矯正装置もございます。
患者様のご事情やご要望などをお聞きし、納得のいく手法で治療を進めてまいります。

ワイヤーとブラケットを用いた矯正について

金属ワイヤーの力で歯並びをきれいに整える治療法です。

一つひとつの歯にブラケットと呼ばれる小さな装置を付けます。次に、それぞれのブラケットをワイヤーで結びます。ワイヤーがブラケットを引っ張ることにより力が発生し、歯が少しずつ移動します。これが、ワイヤーを用いた矯正歯科治療における歯を動かす理論です。

ブラケットは、金属のもの、透明なもの、白いもの、カラフルなものなど、様々なものがあります。

 

東京医科歯科大学で開発された超弾性形状記憶合金を使用

当院では、東京医科歯科大学で開発された新しい超弾性形状記憶合金を使用しています。

超弾性形状記憶合金は非常に柔らかく、弱い力を継続的に歯に伝え、元の形に戻ろうとする力により歯を動かします。これにより、歯に与えるダメージが最小限となり、痛みも少なく、かつ効率的に歯を動かすことができるのです。

 

ワイヤー矯正の種類
金属のブラケット

最も昔から行われている信頼性の高い矯正治療方法です。

 

 

透明な素材のブラケット

透明なブラケットを用いることにより、金属よりも審美性に優れています。

 

 

リンガル矯正(舌側矯正)

ブラケットが舌側にあるので、他人に矯正治療をしているのが気づかれにくいのが特徴です。

 

透明なマウスピースを用いた矯正

「矯正装置が目立つのがいやだ」という方には、透明なマウスピースを用いた矯正治療をお勧めしております。

 

インビザライン

インビザラインは、米国のアラインテクノロジー社が開発したうすい透明のマウスピース型の矯正装置です。
世界で70万人の患者さんの矯正治療に使用されています。
見えない矯正治療、目立たない矯正器具、通院回数の少ない矯正治療をご希望される方へお勧めの最新の矯正療法です。

  

 

金属のブラケットやワイヤーは
用いません。

 

装着しても殆ど目立ちません。

     

取り外しが可能なので、
装置を外して食事や歯磨きができます。

 

患者様ひとりひとりのために
オーダーメイドで製作いたします。